障害者スポーツボランティアとは

障害者スポーツボランティアの活動例

⼤会の⽀援(都⼤会等)

 ボランティアが活躍する場の1つとして、障害のある方が参加する大会があり、多くのボランティアの方の協力が必要となります。

 都内で開催される大会の一つである東京都障害者スポーツ大会は、障害者スポーツを通じて、自らの体力の維持増進及び社会への参加と相互の交流を促進させるとともに、都民の障害のある人に対する理解の増進を図り、もって障害のある人の自立の促進とスポーツ振興に寄与することを目的に実施するものであり、全国障害者スポーツ大会の派遣選手選考会を兼ねています。東京都障害者スポーツ大会は、大会補助員として、選手の招集・誘導員、記録員、受付係、表彰係運搬員等に協力いただけるボランティアを本システム内などで募集しています。

身近な場所でのスポーツ事業の支援

 区市町村や地域のクラブ等が主催するスポーツ教室・イベントなどの身近な場所でも、ボランティアの協力が欠かせません。障害のある方がスポーツを始めるきっかけとなるイベントや継続したスポーツ活動の場となる教室等で、サポートをしてみませんか。

 また、都が主催する「都立学校活用促進モデル事業」では都立特別支援学校において障害の有無に関らず参加できるスポーツ体験教室を実施しており、本システム内などで随時ボランティアを募集しております。

※(公財)東京都スポーツ文化事業団のHPに遷移します。

競技団体の⽀援

 障害者スポーツ競技団体やスポーツクラブの中には、活動を行う上でサポートを必要としている団体もあります。大会での支援はもちろんのこと、選手たちの日々の練習における用具の運搬や国際大会の開催や参加に伴う翻訳業務など、団体よって様々な支援を必要としています。

障害者スポーツセンターでの⽀援

 東京都障害者スポーツセンターは、スポーツ・レクリエーションを通じ健康増進と社会参加を促進するための、障害のある方専用のスポーツ施設です。初めて運動する方から大会出場を目指す方まで、レベルに応じた様々な教室を開催しています。教室によっては本システム内などで随時ボランティアの募集を行っています。